毎日の体験を記す場所

東京新聞(中日新聞東京本社)社会部記者の小川慎一です。原発取材班。取り調べは全面可視化、検察官は証拠リストを開示すべき。金に余裕があるならクール寄付。"All sorrows can be borne if you put them into a story or tell a story about them." Isak Dinesen(どんな悲しみも、それを物語にするか、それについて物語るならば、耐えられる)

「デジタル・ジャーナリズムは稼げるか」を読む

 読むのはもう何度目かなのだが、ページを開くたびに刺激的である。「デジタル・ジャーナリズムは稼げるか」。帯の「ジャーナリストよ、起業家たれ!」という言葉を反芻する日々だ。ジャーナリズムと人々との関係を変えるべきだ、と著者は言う。205ページにポイントがまとめてある。

 ・人々を大勢まとめて「マス」ととらえることをやめる。一人ひとりについて理解し、一人ひとりと関わり、一人ひとりに合ったサービスを提供していく。

・ジャーナリズムの目標を変える。それに合わせ、メディア企業のあり方、文化も変える。コンテンツを作って売る、というのではなく、サービスを提供する、という発想をする。顧客のニーズを満たし、顧客の目標達成を手助けする。

・ジャーナリズムをより有用で大規模な「プラットフォーム」に変える。まちゃ、そのために必要なツールを使う。あるいは、ツールを顧客に提供する。適切なツールが存在しなければ自ら作る。

・一般の人たちや成長するニュース・エコシステム、新たなニュース・ネットワークとも協調する。

・従来は世界で起きていることを物語にする人だったジャーナリストの役割をとらえ直す。イベントの主催者、グループのまとめ役、何かの主唱者、パートナー、協力者、教育者などの役割が考えられる。

 さらに著者は言う。「重要なことは、ニュースの内容だけでなく、提供する際の形式にもそれ自体、価値があるということだ」(207ページ)。

デジタル・ジャーナリズムは稼げるか

デジタル・ジャーナリズムは稼げるか

 

 

ドラマチックに見ない術

 良い本に巡り会えるのは、大きな喜びである。

 なんとなく「胡散臭さ」を感じて、手に取りにくい本ではある。だが、その心配は無用だ。2,000円以下と、一回の飲み代よりも安い。飲みに行くのを控えて、この一冊をポッチとするなり、書店で買うことをお勧めする。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

この本では、ドラマチックすぎる話を認識する術と、あなたのドラマチックな本能を抑える術を学べる。間違った思い込みをやめ、事実に基づく世界の見方ができれば、チンパンジーに勝てるようになるだろう。

 

あなたの疑問に答えます!

東京新聞ニュースあなた発」がLINE@を始めました。

読者のみなさんがふと思った疑問に、できるだけ答えていきます。

よろしくお願いします。

友だち追加

 

原発取材班もLINE@やってます。

2011年3月11日の東日本大震災から、もうすぐ8年となります。あのとき、みなさんはどこで、何をしていたでしょうか。そんなことをLINE@やツイッターを通じて募集する予定です。こちらも、よろしくお願いします。

友だち追加

 

LINE@はじめました

 東京新聞原発取材班のLINE@を試験的に始めました。どういう使い方ができるのかも含めて、いろいろやってみたいということで。右側にも「友だち追加」ボタンを付けましたが、この記事中にも一応付けておきます。登録してくれると、うれしいです。

友だち追加

genpatsu.tokyo-np.co.jp

  「嵐」が活動休止らしいですね。2020年とか。まだ先じゃねえか。。。事実上の解散なのかなあ。全然興味なかったんだけど、この替え歌が良かったので、ついつい。

youtu.be

ハマっているもの。

 地上波のテレビ番組を観なくなった。報道系はNHK以外ほぼ観ていない。記者としてあるまじきかどうかはわからないが、観なくてもそれほど問題を感じない。スカパーとWOWOWは観ている。

 そしてYouTubeを最近はよく観ている。広告のつかないプレミアムにしたので快適。先日、チャンネルをBANされたラファエルさんの動画は結構お気に入り。ラファエルさんって割と真面目な人だなあっていう印象を持つ。「商売」として動画を作っている姿勢には、頭が下がる。内容は結構しょうもないのだが、コンパクトでついつい観ちゃう。ランボルギーニとか乗ってみてえ。

youtu.be

 先日、六本木ヒルズGoogleにて、報道関係者のイベントがあった。Googleが公開しているツールを最低限使えるようにならないといけない。

newsinitiative.withgoogle.com

 オンライントレーニング、どんどん利用すべき。近く、日本語でも始まる予定だろうが、英語でも臆せずにやってみた方が良い。今後、会社でも研修をする。本音では、これぐらい一人ひとりが自分でやってほしいのだが。。。それでも外部の人が来て、研修をするのはそれなり意味があるだろう。

 社会科学で数理モデルとか取り上げる本が増えた。これなんかはお手軽だと思う。

その問題、数理モデルが解決します

その問題、数理モデルが解決します

 

  「社会科学のためのデータ分析入門」。上下2冊。こういう本が「定番」になっていくのだろう。すごく評判が良い。ただ買っても消化できる見通しがないので、保留。大学院時代に統計学の勉強会をやったことを思い出す。テキストは「統計学入門 (基礎統計学1)」(東京大学出版会)だった。懐かしい。

社会科学のためのデータ分析入門(上)

社会科学のためのデータ分析入門(上)

 
社会科学のためのデータ分析入門(下)

社会科学のためのデータ分析入門(下)

 

 

 

物語、対話、利他主義

 我が師匠の本を久しぶりに購入。ナラティヴ・アプローチが定着して20年近くなりました。また、勉強したくなりました。

ナラティヴと共同性 ―自助グループ・当事者研究・オープンダイアローグ―
 

  ガーゲンって、まだ書いているんだなあ。さすがに買わない。

現実はいつも対話から生まれる

現実はいつも対話から生まれる

 

  原著はKindleで792円。こっちを買った方が良い。

Social Construction: Entering the Dialogue (English Edition)

Social Construction: Entering the Dialogue (English Edition)

 

 

 東日本大震災後、寄付をすることにためらないがなくなった。毎月15000円を「あしなが育英会」にしている。こちらは税務上の控除がない。それでも良いのだ。毎月3000円を「国連UNHCR協会」にしている。こちらは税務上の控除があり、確定申告をすると、ちょっと戻ってくる。もうすぐ、確定申告の時期だなあ。

 秋田のジュンク堂で、この本を見つけた。興味深いテーマである。Kindleで即買い。

〈効果的な利他主義〉宣言! ――慈善活動への科学的アプローチ

〈効果的な利他主義〉宣言! ――慈善活動への科学的アプローチ

 

 関連で、この本も気になっている。カスタマーレビューの評価は高い。どうなんだろうか。いまいち、ポッチとできない。踏み切れない。

社会変革のためのシステム思考実践ガイド――共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

社会変革のためのシステム思考実践ガイド――共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する

 

 最後に、経済学書として昨年最も評判が良かった一冊。たぶん買っても読む時間がない。でも、読みたい。自分の能力の低さに泣いている。

良き社会のための経済学

良き社会のための経済学