毎日の体験を記す場所

東京新聞(中日新聞東京本社)社会部記者の小川慎一です。原発取材班。取り調べは全面可視化、検察官は証拠リストを開示すべき。金に余裕があるならクール寄付。"All sorrows can be borne if you put them into a story or tell a story about them." Isak Dinesen(どんな悲しみも、それを物語にするか、それについて物語るならば、耐えられる)

ひねくれた視点を大事にする

記者はひねくれていた方が良いと思っている。それは性格の問題ではなく、何かが起こったときに「こんな見方もあるよ」とか、「いやいや、そりゃあ違うでしょ」とまず思えるかどうかは結構重要だろう。行政の取材をしていると、大量の出稿を求められるので、…

映画祭をやるなら、上映作品名を書け

本日2本目は、中日新聞(愛知)の記事を取り上げる。この原稿への不満は「映画祭をやるなら、上映作品名を書け」ということに尽きる。 空き家利用し11日に手作り映画祭 豊田・稲武の夫妻企画:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web) リードは以下の通り。 空き家とな…

テーマと内容を絞って書く

新聞の紙面を独占するほどの記事を書ければ良いが、ほとんどの場合そうではない。紙面は限られている。原稿はコンパクトにし、内容を絞り込まないといけない。 今回取り上げるのは、中日新聞「津市民版」に掲載された「安全に楽しく 津の魅力 再発見 ポケモ…

不要なことは書かない

自社他社を問わず、記事を書き直してみるという訓練を再開。いろいろ仕事でストレスが溜まっているということもあるので、記事に文句をつけてプラスになるかもしれない発散の仕方を模索する。いや、単に嫌な奴なんだけど。全然関係ないけど、甲子園開幕の日…

ハンセン病資料館

東京都東村山市の国立ハンセン病資料館に行ってきた。館内は残念ながら写真撮影できず。治療だから、法に基づいているから、そんな理由で、隔離されて不自由を強いられた人がいて、生まれることさえ許されなかった命がある。そういうことを東京で、しかも入…

緊急事態条項

日本国憲法、施行69年特集面(東京新聞)

5月3日付の東京新聞(中日新聞)の特集面で、憲法学者の古関彰一さんとヒップホップミュージシャンのShing02さんの対談を掲載しました。 古関さんは憲法の制定過程を研究しており、「日本国憲法の誕生」(岩波現代文庫)が代表的な著作です。Shing02さんは…

仕事始め

仕事始め。取材先のギャラリーは1時間待ったが、誰も来なかったぜ。。。 そりゃあ、1月2日だもんなあ。泊まり勤務は午後10時現在、とりあえず平穏。 映画『ヤクザと憲法』公式サイト 東海テレビのドキュメンタリー。以前、テレビでやったようなのだが、…

2015年12月の岐阜県政の記事

2015年12月に中日新聞岐阜版に掲載された記事。すべてがネットに上がっていないのが、いかんともしがたいところ。 「医療通訳」独自雇用を助成 県、来年度にも病院などへ:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web) 12月23日 県内の医療機関で、外国人患者の診察の…

2016年のスタート

2016年の仕事始めは1月2日。しかも宿直なので三が日のうち二日は仕事です。現在、岐阜報道部で岐阜県政キャップをやっているのですが、1月3日には県政担当3人が全員仕事。休み前に原稿を出しまくってもらっても、休みが取れないというのは、単純に…

統計もの

1、2月は、行政が前年についてのさまざまな統計を発表することが多い。毎年決まりモノのように記事にするのだが、紙面に記録として残しておくという意味はそれなりにある。 岐阜新聞の「県内火災、206件増の963件 昨年、過去5年間で最多」のリード…

誰が情報を明らかにしたのかを明記する

誰かが会見をして、発表した事柄を記事にする場合は、素直に「会見した」「発表した」と書いた方が良い。隠す必要のない情報源はリードにできるだけ明らかにすべきだろう。 岐阜新聞「中日本高速、道路以外の事業参入へ 土岐に観光・商業施設」のリードを見…

単位は合わせる

京都新聞「宇治のウトロ地区に公営団地 国・府・市が基本構想策定」の記事を読んでいたら、以下のような段落があった。 ウトロ地区2・1ヘクタールのうち地元や韓国政府が東南側に購入した土地6500平方メートルに、4~5階建ての団地2棟、計約60戸…

同じことばかり言わない

岐阜市長選が2月2日に投開票される。岐阜では各紙が連日、この市長選のことを伝えている。私は期日前投票を済ませたので、あとは待つのみである。現職か、それとも新人か。2日夜が楽しみだ。 岐阜新聞「訴え若者に届け 岐阜市長選、3候補陣営SNS駆使…

「など」は思い切って削る

「など」が多い文章は読みにくい。できるだけ少なくしたい。だが、記事を短く書こうとすると、省略の「など」を使ってしまいがちだ。では、どうすればいいか。思い切って、「など」を削ってみよう。それでも意味は通じるし、たぶん問題ない。 京都新聞の「D…

「逮捕容疑」読み比べ

冷凍食品に農薬が混入されていた事件で、群馬県警は25日、偽計業務妨害の疑いで男を逮捕した。容疑者が浮上した経緯は分からないが、各紙の記事で、「逮捕容疑」の部分を読み比べてみる。 朝日 http://digital.asahi.com/articles/ASG1T5QSHG1TUTIL01B.htm…

で、どんな菓子パンなのよ?

静岡新聞「いちごクリームパン発売 清水西高生とコンビニ開発」の記事。リードはこんな感じである。 県立清水西高ライフデザイン部がコンビニチェーン「サークルKサンクス」と共同開発した菓子パン「いちごクリームパン」が21日、県内のサークルKとサン…

4回目・正式名称にこだわらない

岐阜新聞「市町村職員ら観光への活用法学ぶ 県「セカイカメラ」データ」のリード。 県内市町村の観光担当職員らが、オープンデータの活用法などを学ぶセミナー「オープンデータ時代の観光×ITの戦略づくり」が20日、大垣市加賀野のソフトピアジャパンで開…

3回目・正式名称にこだわらない

岐阜新聞「次世代へ恵み継承 県民会議が「清流の国ぎふ憲章」案」の記事のリード。 県が本年度から本格的に取り組む「清流の国ぎふ」づくりについて、県内各界代表らが意見を交わす第2回「清流の国ぎふ」づくり推進県民会議は20日、岐阜市橋本町のじゅう…

続・正式名称にこだわらない(お手上げ編)

岐阜新聞「県内、ツキノワグマ増加 捕獲上限を撤廃、県が管理2期案」のリード。 県は、ツキノワグマの保護管理計画第2期案を作成した。クマの生息数が増加している現状を踏まえ、第1期で定めていた捕獲の上限数を撤廃。上限ではなく自粛を要請するための…

正式名称にこだわらない

京都新聞「第三者機関、二つ常設 滋賀県いじめ防止基本方針素案」のリード。 滋賀県教育委員会は20日、県の今後のいじめ防止施策の指針となる「県いじめ防止基本方針」の素案を公表した。常設の第三者機関を県教委と知事部局にそれぞれ設置し、自殺など重…

これぞ「街の話題」

神戸新聞のサイトは、地方紙の中ではつくりが断トツに良い。こういうサイトをつくれないもんかねえ。 今日掲載されていた「お地蔵さん、どこから来たの? 神戸・北区の団地」という記事は、これぞ街の話題。取材し、書いた記者は署を担当する「署回り」なの…

段落内の主語は統一

京都新聞「教えて!「リケジョ」の先輩、女子高生ら聞く 中京で交流会」の記事のリード。 京都市中京区のウィングス京都で19日、京都企業で働く女性研究者や技術者と、理系に興味がある女子中高生がふれあう交流会があった。生徒22人が第一線で働く「理…

「ビジネス」を意識すること

新聞協会賞を2年連続で受賞したことがある毎日新聞の大治朋子さんの本「アメリカ・メディア・ウォーズ ジャーナリズムの現在地」(講談社現代新書)から長いが引用。新聞が生き残るために、記者は何を考え、何をしたらよいのだろうか。 現場で長く記者をし…

続報は「初報」として読まれる

ある問題や事件の続報を書くのは難しい。京都新聞の記事「住民と議論平行線 流域治水条例案・滋賀県が2巡目説明会」を見てみる。リードはこんな感じだ。 滋賀県議会で継続審議となっている流域治水推進条例案について県は18日、2巡目の住民説明会を始め…

「つかみ」が大事

記事のリードはしっかり書くべきだ、と繰り返し主張している(リードが大事ということばかり書いていて、ブログの見出しが思い付かなくなってきた・・・)。中日新聞「満州陶磁器、職人おきざり 終戦時の混乱証言:愛知」。こういう話も好きなので読んだのだ…

のっぺりとした記事にしない

岐阜新聞でほっとする話題があったので取り上げる。「警官の妻、コラム人気 下呂署落合駐在所広報紙に掲載」という記事。リードはこんな感じだ。 駐在所の広報紙にコラムを連載している下呂市小坂町落合の下呂署落合駐在所の巡査長(34)の妻(29)が、…

「ほとんど知らない人」向けに書く

京都新聞「木造校舎保存へ前進 木津川・恭仁小、耐震化へ 」という記事。歴史的建造物の保存について関心ありありの私は、こういう話が大好きである。だから、ちょっとこだわりたい。リードからは、校舎が歴史的な建造物なのか分からない。 奈良時代に聖武天…

リードの十数行で勝負する

京都新聞「低気圧でリウマチ痛み増 京大・統計的に俗説を裏付け」の記事。へえーって思わせてくれる話題。何の役に立つのかよく分からんけど、面白い。リードは次の通り。 気圧が低くなれば、関節リウマチの腫れや痛みの箇所が増えることを、京都大医学研究…

リード読み比べ(丹生ダム建設中止関連)

滋賀県で計画されている丹生ダムの建設が中止される見通しになった。この記事について、京都新聞、毎日新聞、日経新聞の3紙のリードを読み比べてみる。 まず、京都新聞(丹生ダム建設中止へ 近畿地方整備局がコスト検証)。「検証結果をまとめた」「会議で…

何本書こうが、意識しないと文章は上達しない

岐阜新聞「ネット出願導入広がる 県内私立大、受験生確保目指す」の記事。 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140116/201401160916_21767.shtml 県内の大学でインターネットを利用した出願を導入する動きが出始めている。ネット出願は、いつでも出願手…

全面的に書き直してほしい記事

今回は購読者として怒っている。同業者としては残念というほかない。岐阜新聞「難病患者の家族、岐阜大医学部で講演 介護体験交え訴え」の記事のリードを見てみる。 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140115/201401150938_21757.shtml 将来の医師を目…

「整備に着手する」→「整備する」

「●●に着手する」という言い方がある。例えば「捜査に着手する」。これは「捜査する」に言い換えられる。なぜこういう言い回しをしてしまうのか。分からない。「実況見分を行う」というような言い方も見かけるが、「実況見分する」で良い。よく考えて記事は…

だぶりを解消

ひとつの文や段落中で、同じ意味の言葉を続けて書かない方が良い。そういう場合は表現を工夫すれば短くできるのではないかと思う。京都新聞「台湾で宇治市長、熱烈PR 訪日客誘致へてこ入れ」の記事のリードを見てみる。 http://www.kyoto-np.co.jp/local/a…

「同」は多用しない

「同」という言葉を多用するのは良くない。岐阜新聞「“スキー日和”白銀活気 高山市内、市民リフト半額」という短い記事には、「同」がたくさん出てくる。 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140114/201401140928_21751.shtml 高山市内7カ所のスキー場…

「人もの」のリード

ある人の生き様や人生を伝えようとする記事は、事実を簡潔に示していくだけでは不十分だ。読んでもらうための表現の工夫が必要だと思う。特に最初の一文は、気合いを入れて書きたい。産経新聞「ブレーク寸前、奈落の底に! はい上がったミスユニ埼玉代表・薗…

一文は短く

一文が長いと読みにくい。だから短くしよう。岐阜新聞「親子、豊かな自然体感 郡上市で『清流の国ぎふツアー』」の記事のリードを見てみる*1。 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140112/201401120941_21740.shtml 子どもたちに県内の豊かな自然を肌で…

「●な状況になっている」を言い換える

なんとなく耳慣れた表現を使ってしまい、文章が長くなることがある。京都新聞の「県老人福祉医療助成見直し難航 国の制度改革影響、市町側は反発」という記事を見てみる。 http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140108000144 滋賀県は、65~69…

「?」なことは補足するか、書かない

記事を書いた後、自分の文章に「?」と思うようなことがあるなら補足して疑問を解消すべきだ。書いた本人が分からないことを、読者が理解できるだろうか。できると考えるなら、記者に向いてないと思う。取材資料やメモを見返しても「?」が消えない場合は再…

良いリードの形を覚える

京都新聞「久御山へ新築移転発表 第二岡本総合病院」の記事のリード。 社会医療法人・岡本病院(京都市伏見区)は8日、京都府宇治市神明の第二岡本総合病院(419床)を約3・5キロ西南の久御山町佐山の農地に新築移転する計画を正式に発表した。救急救…

「このほど」排除運動

「このほど」を排除したい。使わないでほしい。ただそれだけだ。 京都新聞の記事「いじめ相談、4割増189件 滋賀県『こころんだいやる』」を見てみる。 滋賀県は、子ども・子育て応援センターの電話相談「こころんだいやる」の2012年度相談件数をこの…

専門用語を外してみる

京都新聞の記事「堤防内に水浸透、決壊の恐れも 桂川と宇治川、台風豪雨で」を見てみる。ニュースとしても興味を持った。http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140108000075 昨年9月の台風18号の豪雨に伴い、京都市や宇治市の桂川や宇治川で、堤防内…

文章を分解してみる

読者が「意味がわからない」と思う文章を、記者は書いてはいけない。 日本高校野球連盟は8日、大阪市内で業務運営委員会を開き、プロ野球・西武ドラフト1位ルーキーの森友哉と、久米健夫の両選手が人命救助した大阪桐蔭の野球部を善行表彰することを決めた…

「いわゆる地域猫」とは?

岐阜新聞「県、犬猫殺処分を半減へ 10年後に35%以下目標」の記事を見てみる。 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140108/201401080942_21709.shtml 県が保健所に収容された後、引き取り手が見つからない犬猫の殺処分率を10年後に現在の半分弱程…

殴る蹴るの暴行を受け

中日新聞「男性会社員、男数人から暴行 豊橋で強盗致傷」の記事。 7日午後11時50分ごろ、愛知県豊橋市佐藤2の路上で、市内の男性会社員(25)が前方から歩いてきた6人ぐらいの男に「金を出せ」と脅された。男性は「持っていない」と告げ、逃げよう…

行政用語も言い換える

行政用語や専門用語をそのまま記事に使うのは良くない。読者は役所や警察に勤めている人だけではないからだ。役所に勤めていても分からないかもしれない。記者は外来語だけではなく、行政用語や専門用語を多くの人が理解できるような言葉に置き換える必要が…

1段落に同じ単語を何度も書かない

記事のリードはすっきり、短い方がいい。読んでいて、もたつきたくもない。 静岡新聞「『山頂の感動』撮影 富士山に魅せられた女性写真家」という記事のリードを見てみる。この記事に掲載されている女性とカメラ、富士山を入れた写真がとてもかっこいい。こ…

重複表現は避ける

同じ意味の言葉を重ねる表現は使わない方がいい。「頭痛が痛い」はおかしい。「被害を被る」「まず最初に」「一番最初」などなど。簡潔な文章を書くという原則を守りたい。岐阜新聞の「新年度上半期、裏金返還完了 県、2年半前倒しへ」という記事の第4段落…

何が「初めて」なのか?

「初めて」のことは、ニュースになる。だから記者は取材し、記事にする。何が「初めて」なのかを明確に伝えることが重要だ。でも、何が「初めて」なのか分からない記事もある。 福島民報「10月開催へ調整 郡山のB-1グランプリ」のリードはこうだ。 県内…

外来語は言い換える

新聞は、子供からお年寄りまで幅広い世代が読むことを想定している。言葉や表現はできるだけ簡単に書かないといけない。外来語の使用もできるだけ避けたい。昨年、「NHKの番組で必要がない場合でも外来語が乱用されている」と主張する民事訴訟も起きた*1。 …