読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の体験を記す場所

東京新聞(中日新聞東京本社)社会部記者の小川慎一です。原発取材班。取り調べは全面可視化、検察官は証拠リストを開示すべき。金に余裕があるならクール寄付。"All sorrows can be borne if you put them into a story or tell a story about them." Isak Dinesen(どんな悲しみも、それを物語にするか、それについて物語るならば、耐えられる)

何が「初めて」なのか?

 「初めて」のことは、ニュースになる。だから記者は取材し、記事にする。何が「初めて」なのかを明確に伝えることが重要だ。でも、何が「初めて」なのか分からない記事もある。

 福島民報「10月開催へ調整 郡山のB-1グランプリ」のリードはこうだ。

 県内で初めて郡山市が会場となる今年の「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ」は10月に開かれる方向で調整されている。6日、同市の品川萬里(まさと)市長が年頭の記者会見で明らかにした。

http://www.minpo.jp/news/detail/2014010713140

 読んだ時に、何が「初めて」なのかピンとこない。福島県で開催するのが「初めて」なのか。それとも、県内ではほかで開催したことはあるが、郡山市での開催が「初めて」なのか。どっちだろうか。B-1グランプリのサイトで確認すると、福島県での開催がそもそも「初めて」のようだ。どのように書けばよいか。2パターン考えてみた。どうだろうか。

直し版1> 郡山市は今年の「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ」を、10月に開催する方向で調整している。県内での開催は初めて

直し版2> 郡山市は、県内で初となるご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ」を、10月に開催する方向で調整している。

広告を非表示にする