毎日の体験を記す場所

東京新聞(中日新聞東京本社)社会部記者の小川慎一です。原発取材班。取り調べは全面可視化、検察官は証拠リストを開示すべき。金に余裕があるならクール寄付。"All sorrows can be borne if you put them into a story or tell a story about them." Isak Dinesen(どんな悲しみも、それを物語にするか、それについて物語るならば、耐えられる)

自己紹介

小川慎一(OGAWA, Shinichi)

東京新聞中日新聞東京本社)社会部の原発取材班でキャップをしています。

これまでの異動歴は、厚木通信局→横浜支局→東京社会部→岐阜報道部→東京社会部。振り返ってみると、神奈川県、東京都、岐阜県しか異動してない。。。事件担当が割と長く、神奈川、岐阜県警のほか、社会部では東京地検特捜部、東京地高裁、国税、遊軍を担当していました。

原発取材班のツイッターアカウント 

東京新聞(電子版)の購読はこちらから。月額3,450円。学割があります。